休憩室トップへ戻る

☆★ なるほど納得講座 ★☆

第2回目
ダイヤモンドの選び方

さて、今回は当店で販売に力を入れたいダイヤモンドの選び方についてです。
当店では以前、ダイヤの裸石(ルース)を一覧表にして販売していましたが、ダイヤモンドのことをあまり知らない方がご覧になっても、書いてあるグレーディングが何がなんだかチンプンカンプン( `・ω・)だったと思います。
そこで、今回はそんな超初心者のために最低でもダイヤのおおよそのグレードを見ることができるレベルまでお教えしたいと思います。

■ダイヤモンドの4C■
ダイヤモンドを評価する尺度といえば「カラット・カラー・クラリティ・カット」の4つがあります。
これらの頭文字をあわせて4Cというわけですが、それぞれについて説明したいと思います。

◆カラット
カラットとは重さのことです。大きさとよく勘違いしている人がいるのですが、これは大きさではなく、重さの単位なのです。
1カラット=0.2グラムです。
このカラット数が大きければ大きいほど希少になりますので、価値が上がります。
例えば、同じ1カラットのダイヤモンドと言っても、0.5カラットのダイヤ2個(合計1カラット)よりも1カラットのダイヤ1個の方が圧倒的に高価になります。

◆カラー
ダイヤモンドのカラーはその価値を大きく左右します。
ダイヤモンドは無色透明と思いがちですが、完全無色透明なダイヤモンドはとても少ないです。
大体のダイヤモンドが少し黄色味を帯びています。
カラーグレードは「D」から「Z」までランク付けされます。
「D」が最も無色で、「Z」に近づくほど黄色味を帯びてきます。
もちろん無色「D」に近いほど価値が高くなります。
また、「Z」より深い黄色、ピンク、ブルーなどは「ファンシーカラー」と呼ばれ、希少になります。

◆クラリティ
クラリティとは透明度のことを言います。
天然ダイヤモンドは何万年、何億年かけて形成されます。その過程において殆どのダイヤモンドには内包物などが含まれます。
この内包物の多さや傷の具合などによるランクをクラリティ(透明度)といいます。
カーボンや気泡などの内包物をインクルージョンといい、表面の傷や割れなどをブレミッシュといいます。
このインクルージョンやブレミッシュの大きさ、多さ、位置などによって「FL」から「I」までランク付けしています。
ランク付けは以下のとおりです。
FL(フローレス):10倍でブレミッシュやインクルージョンはない。
IF(インタナリーフローレス):10倍でインクルージョンがなく、重要でないブレミッシュのみ。
VVS(ベリーベリースライトリー):10倍で見えにくい微小なインクルージョン
VS(ベリースライトリー):10倍で見えにくいものから見えやすい範囲の軽度なインクルージョン
SI(スライトリー):10倍で見えやすいまたは非常に見えやすい明瞭なインクルージョン
I(インパーフェクト):フェースアップで肉眼で見えることがある顕著なインクルージョン
当然「FL」が希少なので価格も高くなります。

◆カット
カットとはダイヤモンドの全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態を表しています。
カットとシェイプを混同されている方が多いようですが、シェイプとはダイヤモンドの形のことですので間違えないようにしましょう。
カラー、カラット、クラリティは自然が造りだすものですが、唯一人間が手を加えられるのがカットです。
最新の技術と経験を持つ職人技によってバランスよくカットされたダイヤモンドは、光をよく取り込み、きらめきを増幅させ、限りなく価値を高めます。
カットはその状態によって5つにランク付けされます。
フィニッシュ(研磨状態)とシンメトリー(対称性)などの要素を統合的に見てプロポーション(総合評価)としてランク付けされます。
ランクには次の5つがあります。
Excellent,VeryGood,Good,Fair,Poor
カットのプロポーションがExcellentであるものの中でフィニッシュとシンメトリーもExcellentのものを
3Excellent(トリプル・エクセレント)といいまして、非常に高価になります。
また、カット評価とは別に、H&C(ハートアンドキューピット)といわれるものがあります。
H&Cとは、特殊な装置を使用するとテーブル面からはキューピットの矢(アロー)、パビリオン側からはハートの模様が見られる現象を指し、主としてプロポーションとシンメトリーの優れたダイヤモンドに見られるものです。条件が揃えばベリーグッド評価のものでも同様の現象が出る可能性もあるため、それだけでカットの良し悪しを決めるものではありませんが、カットの見た目の判断基準になることや、近年の認知度アップと需要増により、通常のExcellentより相場価格が高くなっています。

4Cとは違いますが、ダイヤモンドの価格に影響する要素として蛍光性を説明したいと思います。
◆蛍光性(Fluorescence)
Fluorescence(フローレッセンス=蛍光性)とは、光のエネルギーとダイヤモンド中の原子との相互作用の結果生じる蛍光のことです。
強い蛍光性を持つダイヤモンドは、太陽光の下でも確認することができます。
一般的にはブルーの蛍光がよく知られています。
この蛍光性というのは天然のダイヤモンドである証でもあります。人工ダイヤモンドでは蛍光性はありません。
蛍光性は程度によって、None(無し),Faint(弱い),Medium(中),Strong(鮮やか),Very Strong(かなり鮮やか)と分別されます。
この蛍光性は強すぎるとダイヤモンドの品質に影響を与えることになりますが、GEnの個人的な見解では、Strongまででしたら、問題ないと思います。
ちなみに、Strongになると価格はかなり下落しますのでお買い得です♪
ブルーの蛍光でしたら、ダイヤの黄色味を飛ばしてくれる作用もありますし、蛍光性があるからといって特に避ける必要もないのです。


さて、4Cと蛍光性を説明しましたが、どうですか?
これらの4Cの内容を知ればルースのダイヤモンド選びも簡単ですね。
そう、全ての評価が最高のものを選べばいいんです。
Dカラー,FL,Excellent,であれば最高ですね。
でも予算が…と思う人が殆どでしょう。
予算が許せば誰だって評価のいい大きなダイヤモンドがいいに決まってます。
そして人それぞれの好みというのもあります。
大きさは気にしない人。
黄色味がかってた方がいい人。
輝きが欲しい人…。
などなど、人それぞれに合わせたダイヤ選びをしたいものです。


では、限られた予算で選ぶのならば何を重視して選べばいいのでしょうか?
GEnオススメの選び方をお教えします。

ダイヤモンドの最大の魅力と言えば、あの煌き輝きですよね。
一番重要視したいのはカットです。
輝きに一番の影響力を持ちます。
ダイヤモンドの輝きというのは、ダイヤモンドの表から入ってきた光を取り込み、取り込まれた光は緻密にカットされた反射面を反射してまた表から光が出て行くことによって得られるものです。(左のようなイメージです。)

このカットの角度が深すぎても、浅すぎても取り込んだ光を逃してしまうことになり、最高の輝きが出ません。
適度な角度でカットされたダイヤモンドのみが、煌く光の乱反射を生むのです。

カットの良いものを選べば多少の内包物があろうがあまり関係ありません。
実際、内包物に関して言えば、Iクラスでなければ肉眼で発見することは容易ではないのですから、常にルーペなどでダイヤを見ない限りそれほど気にならないでしょう。
クラリティはSIクラス以上であれば良いと思いますが、できればVSクラス以上をオススメします。
あと、カラーについてですが、これは人それぞれ好みが分かれるところです。
輝きには影響しませんので、好みのカラーを選ぶといいでしょう。
少しくらい黄色いからといっても、Kカラーのダイヤも枠にはめてしまえば、多少黄色味が減ります。
また、Nカラーほどの黄色いダイヤでしたらイエローゴールドの枠につけてしまえば黄色味が感じにくくなります。そして何よりも黄色味があったほうが好きな人もいるわけであり、カラーについてはホント人それぞれってことですね。
ちなみにGEnのオススメはGカラー以上です。
実際、ダイヤモンドの価格は、カラーグレードによってかなり変わってくるので、同じカラットでもDカラーとKカラーでは数万円以上の格差ができます。ですから、お値段的にも少し安めになるGカラーならば枠につければけっこう無色に見えますし、オススメです。
ついでに、カラーグレードは素人が見た場合、3ランクぐらいまでの差(例えばGカラーとIカラー)ならば並べて見ないと判別できないと思います。

オススメのダイヤモンドの選び方を簡単に言うと…

◆カットの良いものを選ぶ
◆大きさを決める
◆クラリティとカラーは予算の範囲でより良いものを選ぶ。


以上の3点です。

いかがでしょうか?
初心者の方にとってダイヤモンド選びの参考になりましたか?

ではまた!

休憩室トップへ戻る